鉛筆の印刷

 鉛筆軸への印刷は
自然乾燥によるものと
UV乾燥によるものに分けられます
 
両者とも印刷方法は同じなのですが
それぞれ専用のインクを使用する点
その名の通り印刷後
常温で自然乾燥させるのと
UV(Ultra Violet=超紫外線)で瞬時に硬化させる方法
で違いがあります。

印刷生産能力はセットアップ時間を除けば
3~5万本/日程度です。

自然乾燥は
1本1本がふれあわないように24時間放置します
乾燥させるための場所が必要です。
また乾燥後は鉛筆を取りこむ時間も必要です。

UV塗料&UV硬化装置の開発により
印刷後すぐに鉛筆を重ねて保管することができるようになり
取りこむ作業もなくなりました。
省スペースで効率がよくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック