版押し

版押し(はんおし)
刻印押し、ホットスタンプとも言う

耐熱素材の腐食銅版または
金版(かなばん)に
文字やマークを凸版彫金し、
(既製の活字を組むときもある)
熱を加え鉛筆との間に
指定色のホイルをはさみ
焼き印の要領で圧力をかけ印字する

特長
鉛筆の装飾加工方法としては一番長い歴史があると思われます
大量生産にもまた1本単位(手押し)の注文にも対応できる。
文字(ホイルの色による)を変えることも可能。
基本は1行1同色です。

 組活字
字体は明朝とゴシックの2書体程度しか選択の余地はないが
縦書き、横書き、言葉や社名、個人名などを自由自在に組める

 腐食版
使い捨てを原則とする自由写植のオリジナル版
ロゴやマーク、決められた固有の文字などを彫金する

 金版
作業性、耐久性、仕上がりは抜群
なぜなら
ハンドメイドなので
軸形にあわせて微妙なR(アール)を付けられることや
つぶれそうな箇所を職人技量で修正可能
ただし高価。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

本・文具屋
2011年02月08日 07:57
初めまして。
ものすごく詳しく説明されていますね。
私、仕事でこの版押しをするのですが、手持ちの組活字の凸版がひらがなだけです。カタカナはあるのでしょうか。返事はメールだと助かります。
pmkn70131@ares.eonet.ne.jp

この記事へのトラックバック