鉛筆の塗装

一般的な塗装行程
 油止め→下塗り→中塗り→上塗り→仕上げ塗り
鉛筆の木軸は天然素材ですので気孔から油脂がでてきます
それをおさえるのが油止め(サイビ止め)です
その後、指定の色にするために
塗装機のタンクを数回通過させ色を重ねていきます。
女性のお化粧と同じでいっぺんに厚く盛るより
何度も重ね重ね薄く塗った方がきれいに上がります。

クリアー塗装(木地塗り)
着色せず鉛筆の木目を生かし透明な塗料のみで
塗装します。

白下塗装
主に印刷工程や転写工程の前に
表面の加工及び印刷色が指定色により近く
出すことができるように白を塗装します。
転写加工の直前には
食い付きやすくする特殊な塗装を施します。

仕上げ塗装
箔押し、印刷面を保護する目的で
仕上げ塗装をします
 透明なクリア仕上げ
 つや消しのマット仕上げ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック